アメリカへ留学をお考えの方必見 

予習復習がセブ島留学を制する

よく言われていることですが、語学留学は現地に行けばなんとかなるという考えはできるだけ早めに捨ててしまうことです。

結果論として申し上げると、語学留学はそんなに生易しいものではないからです。もし、TOEICなどのスコアをあわよくば伸ばしたいと考えているのであれば、きちんとした事前準備と現地での学習が重要な鍵を握ります。まず、事前準備では日本で文法の学習を一通り終わらせておくことです。それも、できれば英語で文法の学習をしておくことで、セブ島の語学学校で指導を受ける時に飲み込みが早くなります。

セブ島の語学学校では英語で指導を受けることになるので、英語で文法を理解しておくことがとても大切なのです。さらに、セブ島留学を制する上で大切なことは、現地では予習復習をしっかりと行うことです。もし、余裕が無いのであれば復習だけでも良いですが、学んだことを自分のものにしたいのであれば、予習復習をしっかりと行うことです。

現地は公用語で英語が話されているので、生活をしていれば自然と身につくと高をくくっていて予習や復習に力を入れない人がいますが、帰国後、英語が全く身についていない現実に愕然とする人も少なくないといいます。特に、TOEICは自分の英語能力が数値で表されるため、セブ島留学でしっかりと自習をしなかった人は、スコアにそのせいかが表れること無く、セブ島留学を失敗で終わらせてしまうことになりかねないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *