アメリカへ留学をお考えの方必見 

親子留学のパターンと人気の留学先

親子留学をする家庭が少しずつ増えています。

親子留学とは、子どもだけでなく、親も一緒に留学するスタイルのこと。子どもは2,3歳ごろから10歳ごろまでであることが多いです。留学の内容は家庭によっていくつかのパターンがあります。まずは、子どもは乳幼児で、親が学びたいことを優先して留学したパターン。この場合、親はカレッジや語学学校などで学び、まだ幼い子どもはベビーシッターや保育園などに預けます。

次に親も子も教育施設で学ぶパターン。親は語学学校やカレッジで学び、子どもは年齢に応じて現地の幼稚園、小学校、語学学校などで学びます。また、子どもは現地の幼稚園や小学校、語学学校などに通い、親は通学することなく自由に過ごすパターンもあります。これは子どもの学びを優先し、親は付き添いとしてきていることになります。親子留学にかかる期間もさまざまで、1週間程度の短期留学もあれば、1年を超す長期留学もあります。まずは短期で留学して現地の生活に慣れ、長期に移行するケースも多く見られます。親子留学として人気の滞在先は、ハワイ、オーストラリア、カナダなどです。

いずれも治安が良く、安心して留学生活を送れます。ただし、欧米諸国に親子で留学した場合、1カ月で50万円~100万円程度は費用がかかります。そのため、比較的物価が安いアジア圏の国々に留学するケースも増えています。アジア圏ではフィリピンやシンガポールなどが人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *