アメリカへ留学をお考えの方必見 

カナダの各州の留学先

カナダは英語とフランス語の二つの公用語を持っています。

人口の60%以上が英語、30%近くがフランス語を日常用語にしているのです。そのため英語圏でありながら、フランス語を勉強できるというのが大きなメリットで、大学でもコミュニテイカレッジにしてもアメリカほど数はありませんが、教育水準の高さが有名になっています。

カナダへ英語留学する場合は、大学あるいはコミュニテイカレッジのESLか私立の語学学校が、留学先となり、ESLの授業は大学やコミュニテイカレッジへの入学を希望する人のための、英語力の強化が目的なのでアカデミックな要素がつよくなっているのが特徴で、私立の英語学校は小規模で少人数制を取り入れていて特に会話に重点が置かれていますから、実用的な英語をマスターしたいという人に向いていて1か月程度の集中コースも受講することが可能です。

フランス語のコースを持つ学校が多いのは、人口の8割がフランス語を日常の言葉としているケベック州で、カナダのケベック州では、私立の語学学校や大学付属のコースなどがあります。カナダの短大は200校以上ありますが、そのうち150校程度がコミュニテイカレッジです。各州で名称が異なっているのが特徴で職業訓練コース、4年制大学進学コースのほか成人の地域住民を対象にした生涯教育の提供も行っていて、ブリテイッシュコロンビア州には短大でありながら4年制大学の学位を取得できる、ユニバーシテイカレッジと呼ばれる留学先もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *