SEO対策をマスターしよう
2020年10月31日

HTMLの書き方も注意したSEO対策

ホームページに最も必要なのは集客です。それがたとえ個人の日記的なブログであっても見てもらいたい気持ちは変わりませんし、広告を貼ったとしたらやはり多少は稼ぎたいと思うものです。アフィリエイトなどはおすすめの商品を紹介してその広告を貼ります。しかし記事すら読んでもらえないのなら、広告の意味もなくなってしまうのです。

こういったアフィリエイトの広告は、しっかりとアクセスがあるサイトしか重視されず、埋もれて行ってしまうのです。SEO対策はそういったサイトに有効な手段で、基礎をしっかりと押さえる事である程度のアクセスを確保出来ます。HTMLから自作で作っているホームページの場合、しっかりとウェブ標準に準拠した書き方が重要になります。SEO対策でも段落の順番や強調表示の書き方をしっかりさせることが重要視されており、CMSなどの簡単にホームページが作れるサービスを使えば楽に反映されますが、自作の場合は全て自分でやらなければなりません。

また、キーワードをメタタグに盛り込んだり、ディスクリプションを設定するなどの地道な作業もSEO対策として重要です。こちらも記事毎にいちいち設定しなければならず、面倒なものですが、それをする事で検索エンジン上位表示が狙えるため、軽視してはいけない部分なのです。現在は優秀なCMSが増えており、手打ちで作るホームページにこだわる必要もなくなったため、ある程度のところまではCMSで作ってしまい、細かい修正を手打ちで行う形が良いでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です