SEO対策をマスターしよう
2021年3月21日

Webサーバーの構築

ホームページやブログはレンタルサーバーで運用されることも多いですが、VPSや自前の機種で運用されるケースもまだまだ多いです。レンタルをしないで運用する利点がいくつかあります。1つめは利用するアプリケーションの自由度です。主にアパッチが利用されることが多いですがNginxなどの新興アプリケーションも使い勝手が良くなっています。

また、ブログやCMSについてもアプリケーションが多数発表されており、レンタル系では選べないことも多いのです。サーバーを用意する場合、設定が大変に思われますが、インストール作業はパッケージ化されていますし、設定もインターネット上に知見が多数ありますので問題となりづらいです。サーバーへのOSインストールについてもVPSであれば選ぶだけで自動インストールされますし、セキュリティについても知見が多数あるのでWeb用途ならそれほど時間もかからずに実行可能です。Webサーバー用の機種の選定はPCを活用しても良いですし、専用に購入する場合もありますが、VPSなどのサービスを利用する方も増えています。

リモートで運用するのは自由度が低くて不安という方も多いですが、OSも自由に選べますし、利用するリソースもかなり自由度が高くなっているので低スペックなコスト重視からハイスペックなものまで作り上げられます。自前でハードウエアを用意する場合はWeb用途ならそれほど高級機は必要なくラズベリーパイでも十分試すことができます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です